シネマニュース

小川紗良、初長編作で大学の恩師、是枝裕和監督に子どもの接し方のアドバイス受ける

2021年6月8日

  •  女優、文筆家として活動する小川紗良の長編初監督作品「海辺の金魚」の完成披露舞台あいさつが6月8日、新宿武蔵野館で開催中の「新宿東口映画祭」内で行われた。この日は小川監督のほか、小川未祐、福崎那由他らキャスト陣も来場した。


    【フォトギャラリー】小川紗良監督ら「海辺の金魚」舞台あいさつの模様


     本作は、女優としてNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」や、本広克行監督の映画「ビューティフルドリーマー」などに出演する一方で、自主映画の制作や文筆業など幅広く活動している小川紗良の長編映画初監督作品。児童養護施設で暮らす少女たちの世界と心の成長を描いた人間ドラマとなる。今回の題材を選んだ理由について小川監督は「わたしは昔からいろんな状況に置かれた子どもたちに関心があって、本やドキュメンタリーなどを見てきました。その関心や思い入れと相まって、施設から自立していく女の子の話になりました」と語る。


     もともと本プロジェクトは、小川監督の過去作でタッグを組んだ小川未祐と一緒に短編映画を作ろうというところから始まったという。「最初は勢いだけで始めたんですけど、企画を進めていくうちに、これは長編の尺だなと思って。自分たちの力では作りきれないなと思ったところで、プロデューサーの小出大樹さんや、カメラマンの山崎裕さんにお声がけをして。それから(鹿児島県)阿久根市にも協力していただいて。初長編作と言いながらも、顔が見える範囲で、信頼できる方々に集まっていただいて。どうにか撮りきることができました」と振り返る小川監督。

    続きを読む