シネマニュース

シー・モンスターのルカが、人間の世界で大冒険!「あの夏のルカ」日本版予告編

2021年6月9日

(C)2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

  •  ディズニー&ピクサーの新作「あの夏のルカ」の日本版予告編(https://youtu.be/eE_6HCwwlao)とキャラクタービジュアルがお披露目された。映像には、人間に恐れられるシー・モンスターのルカと親友アルベルトの、人間の世界での冒険がみずみずしく切り取られている。


    【フォトギャラリー】“最高の夏”を写した「あの夏のルカ」場面カット


     物語の舞台は、北イタリアの美しい港町ポルトロッソ。予告編では、海の世界で暮らすルカが、人間が海に落とした物を不思議そうに眺めたり、「ボートはどこから来たの?」と質問したりと、謎に包まれた陸の世界に興味津々な様子が切り取られる。母ダニエラの「人間は危険なの! 絶対に近づかないこと」という言葉の通り、人間がシー・モンスターを恐れる一方で、シー・モンスターもまた、人間に怯えていた。


     しかし、どんなに禁じられても人間の世界への憧れを抑えられないルカは、アルベルトとともに海の世界をあとにする。シー・モンスターには、身体が乾くと人間の姿になるという性質があり、ふたりは秘密が知られる恐怖を抱きながらも、新たな世界に魅了されていく。バンド「ヨルシカ」のボーカル・suisが井上陽水の名曲をカバーする日本版エンドソング「少年時代(あの夏のルカ ver.)」にのせ、自転車で坂道を下ったり、草原を駆け抜けたりと、ふたりの思い出が次々と映し出され、“最高の夏”への期待が高まる映像となった。

     キャラクタービジュアルは、青空を背景に、ルカとアルベルトをとらえたもの。海中でふたりの姿はシー・モンスターに変わっており、不思議な生態が垣間見える。


     「あの夏のルカ」は、エンリコ・カサローザが監督を務めた。6月18日にDisney+で独占配信開始。

  • 記事一覧に戻る